ご訪問有難うございます。
「ごちそうさん」終了後は、
「東出昌大くんをまとめてみました」
「東出昌大ファンnet」にて、
東出昌大さんの話題を、

「宇宙人主婦日記」では,
テキトーなことを
テキトーに書いています。

2014年03月15日

第138回NHK朝ドラ「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・杏
川久保希子・・・・・高畑充希
泉源太・・・・・・・和田正人
川久保啓司・・・・・茂山逸平
長男泰介・・・・・・菅田将暉
高木馬介・・・・・・中村靖日


焼け跡で
子供たちの身元を確認する泰介。

人探し、訪ね人の掲示板を設置、
ほどなく再会第一号!

藤井さんの
紅子を盗もうとした糞ガキです。
親族と会えました。

ガキをかっちゃんと呼ぶお兄さん。
カズマサという名だけど、
め以子は活男を思い出し号泣。

そんな頃、お静が帰って来た!

桜子のお父さんの別荘に疎開してたけど、
帰って来たのはいいけれど、

帰ってきてすぐめ以子の闇市の稼ぎ、
持って行って
着物を買おうとする着道楽。

戦争を経てもなお
全く性根は変わっておりませんぬ。


なんでさっさと家を建てへんの?

お静は言うけれど、
お米を買った借金はたくさんあるし、
闇市の仕事はいそがしい。

お静は金を出してけろYO!!

お静が帰ってきてに
ぎやかになってうれしいけれど、
嬉しさ吹き飛ばすあれやこれや・・・

室井は桜子に
追い出され大阪に戻って来たので、
桜子の様子を知りたい!

お静は桜子の手紙を
預かっておりました。

「もうそちらには
戻らないかもしれません。
戻らないかもしれません」
BY桜子

戻らないかもしれないと
ご丁寧に2回も
念を押して書いてます。

室井、よほどアイソ尽かされて
嫌がられてんねん(@_@;)

お気の毒・・・
何でこんなに急に?


室井にお静は言い放つ!

「人の心なんてこんなもんや!」

桜子にとって
書かない室井なんてタダの屑・・

ほかの人たちにとっては
書いても書かなくても粗大ごみ・・・


そんなある日、希子はめ以子を
訪ねてきます

悠太郎のことはまだわからない。
満州からの引き上げ者が
まだいないんだそうです。

この頃、外地にいた人たちは
地獄のような思いをしてたでしょうね。

悠太郎、無事帰ってきてほしい!
このまま帰って来んかったら
許さへんで!NHK!

誰のお金で番組、作ってんねん!


泰介の人探しで再会があったこと。
再会できた子供の名前が
かっちゃんだったこと。

め以子は悠太郎の残した手紙の裏に
書き続けているが、
そろそろ書くところがなくなるほどに
なってるんちゃう?

大丈夫!
め以子は信じ続ける。

そしてその日は
突然やって来た!


ぬか床ばあさんのナレーション。

え?もしかして悠太郎、
帰って来たの?

い〜〜や、違ったヮ・・・

警察の手入れ==!きた==!

多くの人が連行される中、
馬介や源太の助けで
め以子は売上を持って逃げられた・・・

遠目にみていると、
倉田に借金して買った米を
押収されている!

源太達を振り切って走りだす!

「この米は私の米や!」

警察官の前にお仁王立ち!

め外子の怒りは爆発!

「食べるもん取られて
家も旦那も子供も
ナンもかんもとられて
ここにおるんや!

死んでしまうから闇してるんや!
私らにこれ以上、死ね!言うんか?
これが罪、いうんやったら、
飯食わせ==!

あ・ほ・ん・だ・ら==!

この世の中は
本当のことを言ったら
アカンことだらけ・・・

め以子、連行されてしまったYO!

昭和20年秋のことでした・・・

さてこの後どうなるか?
ラスト2週でなんとか
幸せになってもらいたい!



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク




posted by 宇宙人 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 第23週いもに見ていろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第137回NHK朝ドラ「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・杏
川久保希子・・・・・高畑充希
泉源太・・・・・・・和田正人
川久保啓司・・・・・茂山逸平
長男泰介・・・・・・菅田将暉
高木馬介・・・・・・中村靖日
高山多江・・・・・・西村亜矢子
甲田みね・・・・・・小牧芽美


め以子が作る、ほうるもん鍋

捨ててしまうくず野菜などをいれて
作る絶品のお汁を川久保と希子、
室井、源太、馬介、泰介・・

みんなで食べたらおいしい!
さて時代は大きく変わっていきます。

進駐軍が来た==のだ!

川久保の話では
米兵は冷暖房を入れろとか、
トイレをなおせとか、
注文が多いらしい。

当時の日本のトイレはぼっとん便所。

アメリカ兵にしたらそりゃあ、
恐ろしかったに違いない。

落ちたら糞まみれ、
最悪おぼれて死にますからね(@_@;)

コーヒーは飲むのかとか、
みんな興味を示すけど、め以子は
浮かない表情。

「かっちゃんの戦死公報が来た」

源太は夜、泰介に話す・・・
占領軍のはなしとかは
め以子はピリピリするだろうから・・

せんといてやって、ということを
暗に言う・・・

源太は泰介が帰って来たから
もう一緒に住む必要はないから
出て行くことにして、
室井にも出て行くよう言います。

活男戦死を知り悲しむ泰介。

め以子は箱庭みたいなところに
土を入れて種まき・・
そこでめ以子は
泰介に活男の戦死のことを話します・・・

泰介が出征してから和枝のところで
畑仕事をしていたこと、
どうしたらこんなことに
ならずに済んだか考えていた・・・

「答えはでたん?
どうしたらよかったって?」
By泰介

笑われても恥ずかしゅうても
言わなあかんことは言わなあかん。
おかしい思たら言わなかん・

め以子は話すけど、

あの時代、戦争反対なんて
言えた人はいなかったはず・・

思っていても恐ろしくて
言えなかったはず・・

だから間違いを繰り返さない様に
する・・・歴史から学ぶ!
それが大事なんです。


め以子は生きるため
家族を待つため頑張ります。

闇市で食べ物売って・・
子供たちに食べ物を
与えてあげて・・

源太は子供たちに仕事を与えて
働かせてあげている・・

泰介もやりたいことが
見つかってきた・・

そのまえにまずは・・

お風呂!

ドラム缶のお風呂です。
町内会で一緒だった
あの意地悪だった高山多江夫妻に
いい人だった甲田みね。

泰介が用意したドラム缶風呂で
め以子、再会です。

多江の息子はふ久が落とした石に当たったと
文句言いに来ましたね。

その息子は戦死・・
英霊になって帰ってきたそうな・・・


カワイソやね・・
エゲツナイおばはんの子やけど
戦死と聞くと切なく哀しい・・

みねさんはご主人が亡くなり、
子供が一緒に住もうと言ってくれて
また疎開先に戻るらしい。

戦争でみんな、
人生が大きく変わってしまった。


泰介も人生をちょっと
変えてみようとしています。

大学にすぐ戻るのではなく
休学して人さがしの手伝いや、
養子縁組のお世話がしたいんだそうな・・

親を亡くした子供たちが
いっぱいいましたからね。

折角生き延びたのに、
すれ違いになっている家族が
いるかもしれない。

孤児をもらいたい人がいるかもしれない。

今やらないと後悔する。
泰介の決意は固い。

立派に成長し、こんないい息子がいて、
め以子は幸せです。


「泰介が悠太郎さんと
同じようなことを言いました」

め以子は悠太郎の手紙の裏に
泰介の決意を書きます。

悠太郎さんに早く話せる日が来たら!

め以子は思います。

宇宙人も思います。
悠太郎!そろそろ生きて帰っておいで!
満州から這ってでも帰っておいで!
海を泳いででも帰っておいで!

日本全国みんな、待ってるから!



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 第23週いもに見ていろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

第136回NHK「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・杏
悠太郎・・・・・・・東出昌大
川久保希子・・・・・高畑充希
泉源太・・・・・・・和田正人
川久保啓司・・・・・茂山逸平
長男泰介・・・・・・菅田将暉
高木馬介・・・・・・中村靖日
藤井耕作・・・・・・大本武宏


どこからか
ぬか床の声が聞こえる・・

走って来た少年。
必死に逃げてる様子です。

ひっくり返ったので
助けてあげるめ以子。

そこに藤井が走ってくる!

「その子を捕まえて!」

少年は持っていた壺を
おっぽり出して逃げ出し、
残された壺。

それこそがぬか床、
藤井命名の紅子でした。

藤井の嫁さんが
藤井家のぬか床を抱えて
疎開先から帰って来るのに、
紅子との浮気がばちゃら一大事!

「紅子」をめ以子に
返しに来るところだった藤井。
その途中で泥棒少年に
紅子を盗まれたってことでした。

「ここで別れるのが
お互いの為だと思いまして」
By藤井

名残惜しそうな藤井。

「うちのは焼けてしまって
もう二度々会えないと
思っていたので」
Byめ以子

ぬかも戻ってきて幸先がいい!
喜びいっぱいで
心をこめてぬかをかき回すめ以子。

焼け跡のガレキだらけの蔵の前。
源太にぬか漬けのきゅうりをあげて
2人で食べるめ以子。

東京の卯野の実家の人たちとは
未だに連絡が取れない。

終戦直後混乱期。

そんなさなか、闇市で出店する人に
料理を教えてやってほしいと
元締めのあの恐い兄ちゃんに
頼まれるめ以子。

「うまいもん横町」作りたいやって。

「そこでおばはんに品書き考えたり
料理の指導してほしいんや」

いっつも串に刺した
何かを食べている恐い兄ちゃん。

その兄ちゃんに向かって
教えるなら指導料くれるか?
と交渉するめ以子。

「ショバ代分、頂きたいんですけど」

交渉成立した・・ようだ・・

め以子の店では
ぬか漬けを置いても
なかなか売れない。

そらそうやろ、
ぬか漬けにはご飯がつきもので
ぬか漬けだけあっても
のどが渇くだけ・・・

が!一人の兵隊さんが
ぬか漬けに感激!

お米を三俵売ってあげると言って
め以子ははじめ
馬介、室井、め以子は大喜び。

ぬか漬けの代金も
もらわず兵隊さんを帰してしまったが
源太は食い逃げではないか?
と疑念・・・を持つ・・・

闇市仕事の合間に
希子のラジオ局に行くめ以子。
希子のところにお便りが来ています。

ふ久の家族はみな元気。
孫の足の型も送られてきて
諸岡くんも無事帰還。

卯野家無事、
諸岡家無事、孫のダイスケすくすく

あと帰らないのは
悠太郎と泰介、活男だけ・・・


闇市で料理指導をするめ以子。
そこに食い逃げかと思った兵隊さんが
本当に三俵の米を持ってきた!

しかし米の料金は4500円。
源太はもちろん、
希子もそんな大金は持っていない。

「倉田さんならお金ある!」

和枝ねーさまの
縁談も決めたあの倉田。

土地を買いあさっている
羽振りのいいお金持ち。

偽警官がやってきたりして
騒動はあったものの、
倉田にお金を出してもらい、
お米は手に入る。

闇市の人たち、
そこらにいるガキどもに
おぬすびをふるまう太っ腹なめ以子。

「アホの仏」

倉田に言われているが
周囲の人は大喜び。

人のためにいいことをしたのだから
いずれ何かの時に
助けてもらえたらいいね(^_-)-☆

「おかあさん、これもろてええの?」
背後から聞きなれた声。

泰介が帰ってきた==!

よかった!本当によかった!

お米も手に入り、喜んでいたら
別のお米、

米軍が進駐してきたのでありました。

さてこれから大変や!



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 第23週いもに見ていろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第135回NHK朝ドラ「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・杏
川久保希子・・・・・高畑充希
泉源太・・・・・・・和田正人
川久保啓司・・・・・茂山逸平
高木馬介・・・・・・中村靖日


道端は誰でも通るのだから
みんなのものだと思ったら
大間違い!

必ず誰かが管理していて、
お金を払わねばならないように
出来ているのです。

こわいお兄ちゃんが
勝手に店を出しているめ以子に
文句を言いに来ました。

「誰に断って
ここで商売してんねん!
ここはワシらのシマや!」

恐い兄ちゃんはすごみます。

お断りがいるとは
露知らなんだめ以子です。

「アカンかったんですか?」

恐い兄ちゃんは
「ショバ代払え!」の一点張り。

ショバ代の意味も分らんめ以子。

場所代って言ってくれたら
分りやすいんですけどね。

とかく人は専門用語を
使いたがりますね。

すごまれ恐ろしくて
室井は勝手にさっさと売上を
渡してしまったYO!

め以子は納得いかない。
恐い兄さんがたを
追いかけようとするめ以子を
源太が止める。

「おまえになにかあったら、
通天閣にわせる顔がない」
By源太

源太はめ以子を守るという
悠太郎との約束を
守ろうとしているのですハート

とにかくショバ代金は払った!

これで大手を振って
商売が出来る!というわけで、
め以子の商売根性は
熱が入ります。

夜、蔵の前にでっかい樽を
源太が持ってきて、
樽の中で暮らすそうな・・

め以子の近くで暮らし、
め以子を守るつもり・・

「お前みたいなでっかいのが、
仏さんんになって転がってたら
鬱陶しいからな!
社会に対するご奉仕や!」
By源太

素直に好きです
って言えないんですゎ、源太


そんなにしてやっても
め以子は悠太郎の手紙の裏に
日々の暮らしの記録を書き

「ああ、悠太郎さああん!」
というっておる。

切ないでんな源太。

さて翌日闇市に行くと、
一日であたりは
「うまいもん」という店だらけ。

め以子の「うまいもん」が
大ヒットしたので、
み〜んな、マネしてんです。

さっさと
商標登録しとくべきでしたね。
By宇宙人

負けてはいれないめ以子です。

室井に砂糖と醤油を
安く買ってくるよう命じ、
必死のめ以子。

そんなめ以子に
違和感バリバリの源太は

希子にめ以子のことを聞きに行き、
そこで活男がの戦死公報が来ていること、

め以こは
家族のためだけに生きて来て、
家族バラバラの今の状態に
怒っているのではと
希子の推理をきき、
そういうやっちゃこんな〜と納得。

め以子はといえば、
お腹をすかせた子に
残りモノやらを恵んでやる・・・

源太はそんなめ以子を
そっとサポート。

カッコよすぎるではなかろうか?

闇市は戦争で仕事を失った人が多く、
はじめて芋をふかす人もいて
芋のふかしかたを教えてあげたら
ちょっとしたお礼をもらい・・・

そうこうしているるうちに
うま介や市場の人たちとも再会。

そんな人たちから残りモノやらを
安く分けてもらい
子供からは生きたカエルまで購入し、
なんでも始末してくれるおばちゃんで
ここでも有名になりつつあるめ以子。

市場の人たちに助けてもらい
闇市は大賑わい。
お芋を恵んでやっていた子たちも
助けてくれて大成功。

源太郎は闇市元締めの
恐いお兄ちゃんから
なにやら話をきていたけど、
今日はわからない・・

わかったのはぬか床が生きていた!

ぬか床の声がした!
きっと近くに藤井さんがいるのだ!

探してもみよう!ぬか床を!
ぬかみそ漬けも売れそうだからね。



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 第23週いもに見ていろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

第134回「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・杏
川久保希子・・・・・高畑充希
川久保啓司・・・・・茂山逸平
泉源太・・・・・・・和田正人
室井・・・・・・・・山中崇


ガレキの中の明かりがひとつ
西門家の蔵の中からの光です。

中にはめ以子と室井、
希子と川久保。

「どうぞ」

希子に差しだされたのは乾パン。

希子、エラクつんけんして
きつい態度。

女一人が大阪で
うろうろするのは危険だから、
和枝のところに帰ってほしい・・・

もしものことがあれば
悠太郎に顔向けが出来ない
という希子。

でもどうしても
西門の蔵で待ちたい

め以子の決意は固いのです。

め以子を心配しているにしても、
希子、

あまりに厳しい態度で
おまへんか?


さんざん今までめ以子に
ご飯を作ってもらって
世話になって来たんやから
もうちょっと
優しい態度は出来んでしょうか?

鍵もできない蔵にいるのは
危険というなら、

室井は
野垂れ死にしてもらうにしても、


自分たちが暮らしているアパートに
め以子を住まわせて
やったらいいではないか?

希子はチイ姉ちゃんに
人生をもろたんでおまひょ?


め以子の決意は固く、
室井と蔵で暮らすことに・・

室井といえども男だが・・
室井にとってめ以子は
ただの飯の種・・

め以子にとって、室井は

タダのアホ・・

なんでしょう・・●〜*

翌朝、地下室から隠しておいた
食料をとりだすめ以子と室井。

重いものを運ばせることができて、
室井、なかなか役に立つ。

いつの間にか顔のドロドロも
さっぱりキレイになって
もしかしたら、希子のアパート

お風呂に入れてもらった?

蔵の地下からは
古いがまだ食べられる白みそとか
出てきて・・

しかしこれだけでは食べていけない。
配給だけでは足りないし、
畑をしようにも、和枝がもたせてくれた
野菜の種をとられちゃったし、
どうしたらええの??

室井は闇市に
め以子を連れてくれました。

そこには何でも売っている!
しかし法外な値段で!

米は80倍の値段(@_@;)

何かモノを売って
みんな暮らしているらしい。

泥棒らしき人が追いかけられて
殴られている!

そう泥棒だって横行してたはず・・

「和枝ねーさんのところに
一緒に行こうよ。
僕もついてってあげるからさ」
By室井

もう二度と戻ってくるなと
いわれているのに、
室井まで連れて帰ったら
和枝の怒り爆発YO!

闇市で馬用のジャガイモを
見つけため以子。

さすがに馬用だけあって安い!
しかも実はしまっている。

め以子はさっそく井戸の掃除。
何はなくとも水がなくてはね!

ジャガイモを洗い
石で置いてコンロ代わり。
油で揚げて塩を振ると、
最高においしい!

「これ、売りもんにならんやろか?
下ごしらえは芋を洗うって
油で揚げて塩を振るだけ。
簡単でおいしい!」

馬の芋で・・・

「うまいも〜〜ん」

店の名前が決まりました!

調理をするのはめ以子。
呼び込みを
室井がしたがらないのだが、
そこに現れたのが源太。

源太の呼び込みで
どんどん売れる!

追加で芋を買いに行くくらい
売れちゃった!

それにしても、塩と油は
足りるのだろうか?


源太はめ以子が
大阪に帰って来たのが心配なんだが

「ごちそうさん、また来るわ!」

お客さんに言ってもらえて
め以子の気分は最高!

そこにやってきました
テキヤの兄ちゃん!

「おいおばはん!
誰にことわって
ここで商売してんねん!」


「おいねーちゃん!」
と、言ってもらえないのは
悲しいが
そんなことを
言っている場合じゃない。

テキヤに睨まれ
恐いヤ〜ん!


まさか露店を出すのに
おことわりがいるとは!
知らなんだ・・・

さて「うまいも〜ん」は
めちゃめちゃに
されてしまうのか?

それともなんとか切り抜けるのか?

め以子、絶体絶命?



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 第23週いもに見ていろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

第133回NHK「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・杏
川久保希子・・・・・高畑充希
川久保啓司・・・・・茂山逸平
和枝・・・・・・・・キムラ緑子


69年前の今日、
3月10日は東京大空襲・・・

一晩で10万人の
非戦闘員の一般市民が
焼き殺された日です。

「ごちそうさん」では
昭和20年8月15日。

終戦を迎え、新しい生活に
め以子は胸を
躍らせているようです。

「今日、大阪に戻っていいですか?
みんな戻ってくるやろし
私があそこにおらんとあかんのです」

め以子は言います。

「電車、すぐには乗られへんと
思いますよ」

終戦直後の混乱は
並みでなかったでしょう●〜*

歳の若いお手伝いのハナのほうが
当時の日本が置かれている状況を
理解していたのか?

「あんさん、これからどうやって
暮していくおつもりでっか?」
By和枝

「畑やったらとりあえずは
生きていけるし」

め以子の無邪気さにな表情を
真顔を見つける和枝。

この真顔さは当時の日本の
悲惨さを知っている・・
という顔・・・

しかしテレビもないし
終焉直後の悲惨さを
どうやって知り得たのかは不明・・・

「ほな、そうしはったら?」
By和枝

たくさんの野菜に野菜の種
おむすびを持たせてくれて

「もう2度々もどってこんでエエで〜」

和枝は見送ってくれます。

め以子は感謝し落ち着いたら
お礼に来ますと言って
戻っていくが・・

「イケズしはりますね。
西門の奥さん、
市内どないなってるか
知りはりませんのでは?」
Byハナ

「ま、大丈夫ですやろ。
一番キツイ暮らし、黙々と
耐えはったんやから」
BY和枝

確かにここで止めないのは
ホンマモンのイケズですな・・
BY宇宙人

大阪市内は破壊されめちゃくちゃ。
死体は放置されたまま。

茫然と歩くめ以子。

大阪は終戦の前日も
空襲があったから
ほやほや焼き立ての
死体が湯気上げて
転がっていただろう・・・・・
ただ、実際はもっとえげつなく
死体は木炭のようだったはず・・・

ラジオ局に希子を訪ねるめ以子。

お互いの無事を喜び
抱き合うふたり。

川久保も川久保の実家の人たちも
無事で何より。

このまま大阪に残りたいめ以子だが、
希子は言います。

「気持は分るけど
もうちょっと落ち着くまで
和枝ねーちゃんのところに
戻ってくださ!」
By希子

みんながどうしているかが
気がかりなめ以子。

ふ久や子供の無事を聞き、
泰介たちの安否確認がしたい
め以子。

マスコミの仕事をしているから
希子はいろんなことを知ってるはず・・

今動きまわったら危険なことも
分っていてめ以子を
和枝の所に帰らせたい・・

「絶対今夜、戻ってくださいよ!!」

め以子の気性を知ってるだけに
希子は心配。

(それにしても、
希子も川久保も小ざっぱりした
きれいな格好をしている・・

多分前日もお風呂に入ってそうだ・・
自分たちだけ・・・BY宇宙人)

希子は仕事に戻らなくてはならず、

め以子は野菜のおすそ分けして
安否確認をしに
治安の悪いがれきの山のあたりを
ウロウロ・・・

乞食みたいなじいさんに
物乞いされて
貴重な食料を分け与えるめ以子。

どこまでお人よしなのか・・

そこに「安否確認ですか?」

声をかけて来た人のよさそうな男。
自分も今から安否確認に行くから
一緒に行きましょうと言われ、
アホのめ以子はついて行く・・・

袋小路みたいな
行き止まりに着き、
へんやな〜と思ったら、
その男、豹変。

キモイ笑いを浮かべ、
見知らぬ男が
ずらずら回りを取り囲む。

男の一人が手引きした男に
金を渡す・・

襲いかかられ、あっという間に
食料、野菜の種まで盗まれ、
無事だったのはめ以子の操だけ・・

歳をとってれば、
こういう時助かりますね(^_-)


西門家の蔵だけは
幾たびかの空襲に耐え
残っているので
来てみるが当然だれも
戻っては来ていない・・

蔵の中に入ろうとしたら
カギが壊されていて・・

中にはまたさっきみたいな
悪人が
住みついているかもしれない。

今度は用心のめ以子。

襲われた時のため
がれきをもち、なにかあったら
がああ==んと
撃退するつもりだが・・

蔵の中には軍用品が多数並び、
明らかに誰かが蔵に入った形跡・・

蔵の中のめ以子に忍び寄る人影・・

誰だ?
ぎゃああああ、叫ぶめ以子。

室井です!真黒です・・

なにやら怪しげな仕事で
なんとか食いつないでいるらしい・・

和枝がもたせてくれたおむすびを
2人で食べるめ以子。

どっちが大きいかな〜

室井はよほど飢えているのか
おむすびの大きさを品定め。


大きい方をあげる
いい人のめ以子。

うま介は店を空けて疎開。
商店街の人たちの安否は不明。
桜子や桜子の家族も無事。

室井は桜子に追い出され、
真黒になってがれきの中で
きわどい仕事をしながら
生きながられている・・

「焼け跡でご飯くれる人なんか
誰もいなくてね、
やっと僕にご飯くれる人が・・」

2人で大口開けて食べる白むすび。

「ごちそうさまでした」
By室井

「ごちそうさんでした」
Byめ以子

涙を流しながら言い合う二人。

食べるって大事。
食べたらまた生きようと
いう気になる。元気になる。


大声でごちそうさんを
言い合っていたら
希子と川久保が通りかかる。

「戻るって
言ってはりましたよね?」

厳しい表情の希子。

終戦直後、危険なのはわかる。

だからこそ、川久保たちが住む
アパートにめ以子を連れてって、
泊めてあげて!

室井を風呂に入れてやって!

いままでずっと西門家に
居候してたんだから
いまこそちょっとは
恩返しをしましょうYO!!



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 第23週いもに見ていろ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする