ご訪問有難うございます。
「ごちそうさん」終了後は、
「東出昌大くんをまとめてみました」
「東出昌大ファンnet」にて、
東出昌大さんの話題を、

「宇宙人主婦日記」では,
テキトーなことを
テキトーに書いています。

2013年12月14日

第66回NHK朝ドラ「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・・・杏
め似子の夫
悠太郎・・・・・・・東出昌大

悠太郎の義母
(悠太郎の父の後妻・元芸妓)
静(しず)・・・・・宮崎美子

悠太郎のの長姉(出戻り)
和枝・・・・・・・・キムラ緑子

悠太郎の妹
希子(のりこ)・・・高畑充希
ぬか床・・・・・・・・吉行和子


「あんたのことを思うと
虫酸が走る!いびられても
ワテのこと好きや?
まるでホトケさんやな!!

気持ちエエやろ!
許された方がどんだけ惨めか
わからんか!!!」

和枝ネー様の怒りが
爆発です。

普通の嫁なら
激しい口調で言われたら
そこで黙ってしまうが、
め似子は違います。

「舌を巻くような
意地悪ができたのは、
お義姉さんが細やかで、
その気持ちが料理に向かうと、
優しい料理になるから、
だから腹が立つけど、
好きになっちゃうんですよ」


「どんだけ
オメデタイいんや==!」
By和枝


め似子の言葉が作戦ではなく
本心なら、

多くの視聴者も
和枝に同感ではなかろうか・・

め似子は飯さえ旨ければ、
それで嬉しい
アホなのか?


和枝ネー様、
暖簾に腕押し、お疲れさん。

「あんたは料理に
何か入ってると思わへんの?
ワテが好きでやってたって、
なんでわかる?」By和枝

「お義姉さんは
そんなことしません!」
Byめ似子

毒まで入れたら足がつくが、
和枝はトイレのあと、
手を洗わないことくらいは
してると思う・・・ゎBy宇宙人

和枝ネーさんはたたきに立つ
め似子の胸を押しました〜〜

力いっぱいではないけれど、
予期せぬことに、
め似子はよろけ、
希子が助けに入ります。

お静も驚きます。

妊娠中で、
幸せいっぱいの弟の嫁、

イケズしたら、泣いて悔しがって、
ノイローゼになって
出ていってくれたら・・・

自分が不幸だから、
同じ目に遭わせてやりたい・・

でもそれをいとも簡単に、
メデタク、返してくる・・

それが和枝の怒りの火に、
油を注ぐのです。


「出てってください」

め似子が言いました。

出て行けと言われていた者が
出て行けと言う、立場逆転です。


「それでどうなったんですか」
By悠太郎

お静に尋ねます。

男ってなんとなく楽・・・

「め似子に和枝ちゃんがが
襲いかかってはいけないので、
め似子には希子ちゃんが付いている。
あれは離しとかんと危険や」
Byお静

それからほどなくして、
和枝ネーさんは倉田の別荘に
移ったそうな・・・

倉田は別荘まで
持ってるのか・・


倉田が和枝ネーさんの様子を
報告に来ました。

「昨日みに行ったら、
元気になって土いじりしてた・・
こないだの見合い話の農家を
みに行くって」

と言ってるそうな。

「農家!あの和枝ちゃんが!」
By絶句のお静

農家にもいろいろある・・


おしん.gif

小作、貧農もあれば・・

豪農.jpg

豪農もある・・・

どの程度の農家か、
和枝ネー様は値踏みに
いらっしゃるのであろうか?

「なんで私は、あんなに
嫌われちゃったんでしょうか?」
Byめ似子

どこまでも天然なのか、
計算づくなのか・・
多分天然だが・・

でもめ似子はまだマシ。

普通はここに
亭主の男兄弟、その嫁がいて、
兄嫁ってのが曲者ってこと、
め似子は知らないのだ==!

そいつがあっちについたり、
こっちについたり、裏切ったりで、
ややこしくなる・・・

そもそも、実の姑がいないのが
幸せではナイでせうか?

亭主の兄嫁がおらず、
舅はいても問題ないし、
実の姑はいない・・

小姑だけなら
めちゃめちゃ楽よ。

亭主の両親、兄、兄嫁、
実姉、実妹が

倉田のように、
和枝がどんなに意地悪しても、
かばい倒す・・そんな


理不尽な状況ではないし、
言いたいことは
言い返している・・・

昭和から平成になっても、
め似子ほど、はっきり
言い返したら
ドえらいことになる・・YO。

和枝ネーさんの旅立ちの日、
見送りに来ため似子。

倉田のお世話の結婚話だから、
きっと豪農でありましょう。

「言い忘れたことがありました。
ごちそうさんでした・・イワシ。

私はお義姉さんのこと、
好きですから、ぬか床あげます。

評判なんですよ。
このぬか床(^O^)

私の忘れ形見としてどうぞ」


こんなことできるのは
和枝ネー様以外みんな、
め似子の味方になっているからよ。

「お義姉さんを好きだということが
怒らせることなら、
私は言い続けます。
イケズにはイケズで返します」

「エライ大層なイケズやな」

渡されたぬか床を
地面に叩きつける和枝ネーさま。

「あんさんのために
叩き割ってんで。
なんぼでもイケズができるように」

「また送りますから。
これでずっと繋がってイケますから」
Byめ似子

ぬか床まで
「これで少しは
繋がっていけそうだね」と言うが・・

宇宙人にはわからんん・・


こんな繋がり、
繋がっていたいか?


め似子はオイルサーディンまで作り、
和枝に送るらしい・・・

「畑の肥やしにされんで」

お静に言われるが、お静も
和枝が消えて、嬉しかろう。

市役所では小学校の設計は進み、
模型まで完成。

玄関が中心となって、
教室でもどこでも、
中心の柱を通らなきゃ
行けないような設計である。

喧嘩してても
会わなければならぬように
なっている・・・

会っているうちに
仲良くなると思っていうようだが、
それは大間違いやで!


嫌いな奴とは絶縁!

それが一番精神衛生上いいことを
こいつらみんな、知らんようだ!

それができんから苦労するんや、


あほんだら===!

さて、悠太郎、
竹元とうま介で会ってます。

竹元の下働きを頼まれて・・
不満に思っているそのとき・・

地面が揺れました。


関東大震災です

さあ、大阪の運命も
西門家の運命も
大きく変わっていきそうです。

ともかく、
和枝ネーさま、
ご結婚、おめでとさん!



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク




posted by 宇宙人 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 第11週大嫌いっていわしたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

第65回朝ドラ「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・・・杏
め似子の夫
悠太郎・・・・・・・東出昌大

悠太郎の義母
(悠太郎の父の後妻・元芸妓)
静(しず)・・・・・宮崎美子

悠太郎のの長姉(出戻り)
和枝・・・・・・・・キムラ緑子

悠太郎の妹
希子(のりこ)・・・高畑充希
ぬか床・・・・・・・・吉行和子


流産しかけため似子。
一週間くらい、ごろごろ
安静にすることになりました。

和枝は一日三回、
色とりどりのごちそうを作って、
部屋まで持ってきて、
給仕してくれるのです。

優しい味付けです。

塩を大量に入れて、
妊娠中のめ似子を
妊娠中毒症にさせてやろうという
悪魔の計画はなさそうです。

しかし
め似子がいただきますと言っても、
全く反応なしで
口をきいてはくれません・・・

一方希子はめ似子と行っていた、
うま介に手伝いに行きます。

うま介には竹元がまた
焼氷を食べにいらしてて・・

前回はおかわりをしたかったけど、
何しろ手動で氷をかくものだから
人力には限度がある・・・

しかしなんとしても食べたい・・・

で、京都帝大の英知を結集して
かき氷器を作ったらしい・・

次はミキサー、作るらしい・・(´д`)

帰り、希子は市場で
次々と市場の人から
高級なやさいをもらい・・

銀次からは大量の
イワシをもらうのだが・・・

どこからかケチくさいなと
聞こえてきたが、

DHA、EPAが大量に摂取できる
イワシは優秀な魚である・・

和枝の作るイワシ料理は絶品で、
め似子はあげ膳据え膳で
イワシ料理も満喫。

イワシの梅煮.jpg

お静には三味線を聞かせてもらい、
希子と三人で超ゴキゲン!

和枝がめ似子の洗濯物を、
持ってきて、部屋の外に、
置いてってくれる・・・

しかも、洗濯物の間には、
匂い袋を忍ばせて・・

め似子は子供もできるし、
お静や希子ともうまくいくし、

商店街の人からも
愛されている・・・

それと対照的なのが和枝ネーサマ。

め似子の部屋から聞こえる
笑い声から、昔を思い出す・・・

「なんで、今頃
ややこ、できんの?」By和枝の元姑

「できてしもたん、しゃあない」
By和枝の元亭主。

「ややこだけ置いてってもろて、
出てってもらお」By元姑

そんな地獄の記憶が
和枝の脳裏を駆け巡るのです。

この元亭主・・・

できてしもたもん・・・
しゃあないて・・・ッて、

和枝が
処女受胎したとでも言うのんか?


追い出したいほど嫌っているのに、


あんたが作ったん
ちゃいますのんか?


さらに和枝はめ似子のために
オムツを縫っていた時も
思い出す・・・

生まれてくる自分の子のため
縫ったオムツを
切り裂かれてしまった・・・

ホンマにエゲツナイ・・・

希子は「ネーチャンはイビツ。
だから嫌われて、一人になるんや」

というけれど、

なんで自分だけ・・・

思ってはいけないと思っても
こんなこと、されてきたなら、
思ってしまうのは
当然ではないでせうか?

確かに陰鬱な性格とは思うが
元々そうなのか、
そうなったのかは定かではない・・

和枝もめ似子みたいに
アホだったら、
どんなに気楽だったろうか・・・


近所の人はガス漏れを
ガス会社に通報し、
ガス会社のおっさんが
文句を言いに来るし・・・

倉田も心配している・・

ガス漏れ、詐欺被害、
人の口に戸を立てられへんし、

悠太郎にややこが生まれたら、
ますます、和枝ちゃんは
肩身が狭いんとちゃうか・・

というわけである。

悠太郎は気遣いする・・
と、言うけれど・・・

め似子は正蔵から
言われてことを思い出しました。

イワシ料理を
和枝に教えてもらったらいい、

頼られるというのは、
張り合いが出ることや・・・

一週間が過ぎ、め似子は
元気に動き回れるようになり、
早速、市場に急行、

イワシを大量に購入、

「お義姉さん、イワシ料理、
教えていただけないかと
思う次第でございまして」

すると和枝ネーサンは、
イワシをざるに取り出し、
どうやら教えてくれる・・・

のか勝手に調理をはじめるのか・・

わからんが、イワシを
塩水で洗いだした・・・

そう、イワシは
塩水で洗うのだ==!

次に手開きして・・・


いわしの手開き.jpg

「え?手開きですか・・」Byめ似子

イワシの手開きは常識。
包丁でさばいたら、
身ィ、なくなってまうゎ==!


次に、皮を剥ぐ・・・


イワシ料理.gif

骨は骨せんべいに・・・

イワシの骨せんべい.jpg

身は、すり鉢ですって・・

いわし つみれ.jpg

味噌と山椒の粉を混ぜる・・・

そして油で揚げると・・・
つみれ団子が出来上がる。

まず骨せんべい、絶品!

め似子がつまみ食いして
感嘆すると、
そっと、つみれ団子の
皿をめ似子に差し出してくれる・・・

もしかしたら、
本当はエエ人なんか?
和枝おネーサマは?


「料理って人柄が出るんですよね。
繊細な人のは繊細な料理。

お義姉さんの料理は
気配りがあって、丁寧で、
優しくて、すごく好き!

お義姉さんからみたら、
私の料理は許せないところ、
いっぱいあったはず・・

いろいろ教えてください!」

頭を下げるめ似子・・


褒め殺しの極意、
ここにあり!


見ると、和枝が泣いている・・・

「どないしても、
あんたを好きになんか
なれへんわ!!」


超天然の褒め殺し女王を前にして
和枝ネーサン、

完敗の悔し涙でむせび泣く・・

の、ような気がする宇宙人は
根性、ひねているのでしょうか?



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 第11週大嫌いっていわしたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

第64回HNK朝ドラ「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・・・杏
め似子の夫
悠太郎・・・・・・・東出昌大

悠太郎の義母
(悠太郎の父の後妻・元芸妓)
静(しず)・・・・・宮崎美子

悠太郎のの長姉(出戻り)
和枝・・・・・・・・キムラ緑子

悠太郎の妹
希子(のりこ)・・・高畑充希
悠太郎の上司
大村宗介・・・・・・徳井優
藤井耕作・・・・・・大木武宏
ぬか床・・・・・・・・吉行和子


和枝おねー様がいなくなりました。

探し回るめ似子。
市場で聞きまわると、
和枝の顔をしらないから
わからないという返事。

市場の人たちはみんな親切。

これから暗くなるからと
灯りを持たせてくれたり、

源太はとりあえず、
一人で歩いている女の人には
声をかける言ってくれます。

うま介の人たちもみんな、
探してくれます。
桜子も探すと言ってくれます。

希子は市役所に行ってないか
探しに行きます。

大村も藤井も探そうと
言ってくれます。

大村は和枝のいいところを
感じている人でしたからね。

め似子は正蔵のところに
来ていないか探しに行きます。

来てるはずないと思うけど・・・
By宇宙人

息せき切って走ってきため似子は
お腹が痛くなって
うずくまってしまいます。

「今日は変なんです」

と言いつつ、正蔵が
「家に戻ろう、和枝は子供の頃から、
機嫌が悪くなったら、
蔵の中に入って、
座り込むことが
よくあった」というので、
め似子は正蔵とともに、
家に戻ります。

一方、お静は家で和枝が
帰るのを待っています。

蔵のほうでなんか音がする・・

「和枝ちゃん、おんの?」
蔵を覗き込んだ途端、
後ろから誰かに強く押され、
蔵に閉じ込められてしまいます。

和枝おねーさまです。

和枝おねー様は
台所のガス栓を全開!

マッチを今まさに
擦ろうとしています。

一方、正蔵とめ似子は
全力で帰ってきます。

門は鍵が締まり、
いるはずのお静は出てこず、
部屋のなかは真っ暗です。

中からはガスの臭いがします。

「えらいこっちゃ!」

裏に回っても鍵がかかている・・・

「あんたはガス、吸うたらあかんのや」

あんたはって、誰でも
ガスを吸ったらあかんのに、
あんたはって言う正蔵。

正蔵は裏のガラスを割り、
割ったところから手を入れ、
鍵を外し、中に入ると、

ガスが充満する台所で
マッチを今まさにスろうとする
和枝が立っておりました。

「マッチ、渡し」By正蔵

「来たらマッチ、スる」By和枝

「何言うてるんや!あほんだら!」
BY正蔵


正蔵は和枝を押し倒し、
外に担ぎ出し、
悠太郎がガスを止めました。

裏庭には、悠太郎、希子、
め似子、正蔵、
倒れ込んだ和枝がいます。

「余計なことを・・」
ふてくされて言う和枝に

正蔵が怒りの平手打ち==!


「騙されて、ガス吸うやなんて、
詐欺師の思うツボや。生きて
見かやしたろうと思わへんのか?」

正蔵の言葉に和枝は答えます。

「ずっとそうしてきた・・。
ワテを不幸にした奴を
見返してやろうとして生きてきた・・。

そやのに・・・

なんでワテばっかり不幸やねん?

何が悪いねん?

顔か?性格か?違うやろ?

こんなん、運ばっかりや。

どうやったら、運、悪いの、なおすねん?

20年以上、エエことなんか
なんにもない。
ワテ、もう疲れた・・」

すると、希子が言いました。

「お姉ちゃんの心がイビツやから
今までいろいろ
不幸せに遭ったと思う。

イビツで寂しいから
付け込まれたんや。

ほんまに20年間、
ひとつもエエこと、
なかったん?


倉田さんも市役所の人も、
みんな心配してくれてる。

それはお姉ちゃんの
エエことには入れへんの?
そやからイビツって言うねん」

そこで正蔵が言います。

「和枝、おまえは真面目で
エエ子やったで。
おまえが悪かったんは、
心でも運でもない。

あんな家に嫁に
行かせてしもた親や。

恨むんやったらワシで」

そのとき、め似子がお腹を抱え、
倒れ込みました。

びっくり仰天、
心配して駆け寄る悠太郎。

「腹痛いんか?
一体、何食うてん?」


医者の見立てでは
和枝はガスをあまりスってないし
め似子は
寝かしておけばいいとのこと・・

それを遠くに聞いた正蔵は
安心して帰っていきます。

正蔵はめ似子のこと・・・
分かってんですよ・・

さすが、人生経験豊富な
爺さんです。

「みんなにお礼を言ってくる・・」

希子が言うので、
悠太郎は言いました。

「今日はおおきにて、
今逃げてった爺さんにも
言っといてください」と・・・

それにしてもめ似子、

やっぱり食いすぎか?

いえいえ、おめでたでした!

「あなたははそれでも
大人の女性ですか?
どうしたら気づかずに
過ごせるんですか?

アホなんですか?」By悠太郎

「お義姉さんにいびられて
流石の私もストレスで、
生理不順になっちゃって、
気づかなかったのYO!」
Byめ似子。

和枝は不幸のどん底でも、
悠太郎とめ似子は幸せ満開です。

その間、ずっとお静は
蔵に閉じ込められたまま・・・

お静さん、
お腹がすいただろうし、
長時間、トイレも行けずに
よく頑張りました!


翌朝、割れたガラスに
板を打ち付け、
応急処置をする悠太郎。

お静と希子が朝ごはんの
支度をはじめたら、
和枝が準備を始める・・・

誰もが、それが
和枝の再生だと願ったのでした
Byぬか床

しかし、和枝さん、許せません。

死にたくなる気持ち、
わからなくはないが、
ガス自殺は周囲に
多大な迷惑を周囲にかけますよ。

お静なんて、蔵に閉じ込められて
突然爆発したら、
ホント、気の毒・・・

それでなくても
借金があるという西門家。

ガス爆発で家ごと吹っ飛んだら
家族全員、ホームレス・・・


ご近所だって吹っ飛ぶ可能性がある・・

和枝は死んでそれで終わりでしょうが
残された者は貧乏のどん底に・・


ぼろぼろ.jpg

悠太郎はご近所への保証や、
家の再建、
生まれてくる子供に、
大食いの妻・・

お金はいくらでも必要です。

市役所職員でありながら
やむなく
アルバイトをすることになり、
公務員法違反で懲戒免職・・

という事態を招きかねません。

人は必ず死ぬのだから
そう急がず、だらだら生きて、
生命保険金を残して
昇天しましょうよ。


みんなに喜んでもらえますよ。



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 第11週大嫌いっていわしたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月11日

第63回NHK朝ドラ「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・・・杏
め似子の夫
悠太郎・・・・・・・東出昌大

悠太郎の義母
(悠太郎の父の後妻・元芸妓)
静(しず)・・・・・宮崎美子

悠太郎のの長姉(出戻り)
和枝・・・・・・・・キムラ緑子

悠太郎の妹
希子(のりこ)・・・高畑充希
竹元・・・・・・・・ムロツヨシ
安西真之介・・・・・古舘寛治
ぬか床・・・・・・・・吉行和子


和枝の持っている匂い袋。
擦り切れてしまっています。

め似子は「繕っておきましょうか」
と言うけれど、
和枝はこれはこれでええねん・・

と応えます。

め似子は
正蔵に和枝の再婚を報告。
正蔵も驚きながらもそりゃあ、
嬉しいでしょ。

和枝は
きっちりした気の回る性格で、
墨をすっといてといえば、
お父ちゃんは100と68回、
お母ちゃんは92回と決めて、
濃さを調整するらしい・・・

におい袋は
死んだ子供の着物で作り、
いわゆる、かたみ・・らしい。

その頃和枝は安西と
死んだ子の
墓参りをしていました。

小さなお地蔵さんです。
お地蔵さんを見て
宇宙人は泣いた・・・

これは子供を亡くした
者でなければわからん感情ダス。

しかも和枝は6歳まで育てて、
子を亡くしている・・

池にはまって死んだらしい・・

あの時もっと
子供を見ていてやれば・・
池に遊びに行かさなければ・・

死なしてしまったのは
自分の責任や・・・

多分、和枝は
自責の念で苦しんだでしょう。

それに追い討ちをかけたのが
舅や姑。

子供が死んだら、
両家を巻き込んで
争いになるもんなんです。

和枝は
子供が死んだことを
姑から責められたに
違いない・・・

苦しんでいる者に
追い打ちを掛けるように・・

元々几帳面すぎて
嫌っていたから
好都合だったんでしょうな!

初めて和枝のために
宇宙人、泣きました・・・


離婚してきてからも
苦労続きだったが、

子供のかたみのにおい袋を
握りしめてがんばれた・・・

これだけ苦労したんやから、
幸せになるに違いない・・・

そうでないと
人生のソロバンが合わない・・・

恨みの力で気張ってきた・・

同じ生地で
新しいにおい袋を作り、
これからは優しゅう、
なでてやろうと思う・・・


こう話す和枝を
騙せるとしたら
鬼畜だ===!


しかし安西と名乗る男は
詐欺師でした。

悠太郎は竹元から
京都帝大の本物の
安西教授の写真を見せてもらい、

和枝の相手の男が
詐欺師であることを
知ることとなります。

大急ぎで家に帰り、
和枝から受け取った株証券を持って、
調べに行くと、

株を発行しているとされる会社は
この世に存在しないことが判明。

「あの人も同じ株、
買うてはったのに、
あの人も騙されたんちゃう?」


和枝は言います。

せめて、
そうであればよかったですね。


警察に行こうという悠太郎に、
今日会う約束があるから
まずは安西先生に会ってから・・

和枝は
待ち合わせ場所に行くけれど、
棒読み男は現れませんでした・・・

これらの顛末は、
新聞に詐欺事件として報道され、

複数犯による犯罪で、
被害者50人、
被害総額100万円という
巨額詐欺事件だったことが判明。

現代だったら、
100億円被害といった
ところでしょうか・・・

指名手配中.jpg

倉田は和枝があまりにかわいそうと
悠太郎に言います。

いつもいつも報われない
なんであの子だけ・・・

正蔵も心配しています。
和枝はいわし料理が好きで、
作るのも絶品らしい・・・

め似子はいわしが苦手だが、
和枝に習ろたらどないやろ?
と、正蔵が提案。

頼られるってことは、
張り合いの出ることだからと・・・

め似子はもちろん、
希子もお静も和枝のために
気を遣うけど・・

和枝、いなくなっちゃいました・・・
一体どこに・・・

死んだらアカンよ!和枝!
詐欺師が逮捕されて、
罪を償わせるまで、
どんなことをしても、
死んだらあきません!

こんなことぐらいで負けたら
あきまへん!





にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 第11週大嫌いっていわしたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月10日

第62回NHK朝ドラ「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・・・杏
め似子の夫
悠太郎・・・・・・・東出昌大

悠太郎の義母
(悠太郎の父の後妻・元芸妓)
静(しず)・・・・・宮崎美子

悠太郎のの長姉(出戻り)
和枝・・・・・・・・キムラ緑子

悠太郎の妹
希子(のりこ)・・・高畑充希
竹元・・・・・・・・?
ぬか床・・・・・・・・吉行和子


「私と一緒になって頂けませんか?」

プロポーズされた和枝ねーちゃん。

「その前にワテの
話聞いてもらえませんか?

西門家は借金まみれで、
父ちゃんは蒸発、

ワテは毛虫のように
婚家の舅姑から嫌われて
婚家を追われた出戻りでおます。

子供も一人、亡くしております。

弟の嫁や後妻に
八つ当たりして毎日
ストレス発散しとる
オナゴでおます。

そんなんでも、
よろしおますか?」

和枝は正直に
本当のことを話しました。

「気が軽くなりました。
私の出番がありそで(^O^)
嬉しいです
お金だけは専門で、
何かしら役にたてそうで」

安西の対応に和枝は有頂天。

翌朝、「無事にお嫁にいくことに
なりそうだす」

破顔で報告。

家族一同、
和枝が片付くことに大喜び!

祝言は、お互い二度目で
安西の親戚は
大阪にいないので、
先日か顔合わせしたことで
エエということだそうです。

上機嫌の和枝。

悠太郎の祝言もそろそろ
挙げてよろしと言い出し、
悠太郎は一筆書いておいてくれと
言い出して・・・

よほど、信用がない
和柄である。

そんなある日、
倉田の爺ちゃんが、
悠太郎の職場にやってきました。

和枝に頼まれていたという
縁談を持ってきたのです。

お相手は
大きな農家の後妻の口と、
お寺の坊主の2種類である。

「姉は嫁ぐことになりました」

倉田、喜んでくれて、
「和枝ちゃん、最近、
エライ、ついてんなあ」
と言うから、

「何が?」と問えば、
株で大儲けしたというお話、
やっと悠太郎の耳に
入ったのであります。

しかも5000円儲けていた・・・

大正時代の1円は現在の
だいたい1万円と
考えられるらしいので、


和枝は
5000万円、株で
稼いでいたのだ===!!


ヒトは金があればあったで
心配事が増えるもの・・・

「姉ちゃん、安西に
金を渡したんとちゃうか?
まずは倉田さんに
借金かえすべきやろ==!」
と悠太郎。

倉田のおっさんに
借金あったのね、
西門家は・・・


問い詰めると渡してない、
ワテの金をどうしょうが、
勝手でおますやろ!
と和枝は言うばかり・・・。

希子は、和枝姉ちゃんは、
借金返すため、株を始め、
お姉ちゃんは頑張ってきたんやから
と、口は出せないという考えだし、、

お静もめ似子も
和枝の判断に任せるしかなく・・・

その日、和枝は京都帝大
安西教授室に行ったのであります。

そこには見知らぬ男が・・・
地質学の先生ということやけど・・

ほんまか?

男は、明日までに
お返事くださいと言って帰り・・・

机の上に残ったのは、
石ころである。

石ころにはところどころ、
光るものが・・

「金だっか?」By和柄
「この会社はまだ
株式上場していません。

この上場前の株を購入しとけば、
必ず大儲けできる」BY安西

で、安西は
石ころの会社に投資しろと
おっしゃる・・・

必ず儲かるって・・

和枝が今回はやめとくと
渋ると、

「もしかして私のこと、
疑ってます?」

ときた===!

「いいですよ、しかし
あなたにそう言われると
流石に傷つきます」


そんな言い方をされると、

捨てられるのではないかと
更年期女の気持ちは
揺れ動くのだ===!


「信用してます」
と言えば、
「してないじゃないですか!」
と答える・・安西。

「無理強いすることじゃ
ないですからね」
と言われると、

和枝、株、
買っちゃしましたよ==!


「株を購入せんかったら・・

嫌われるんとちゃうやろか?
結婚話も
チャラになるんとちゃうやろか?」

こう思わせる手口こそが


結婚詐欺だわ.jpg

なんやでえええええ===!

株を購入しないから
嫌いになるとか、
結婚がチャラになるとか、

そんなことでチャラになる関係は
最初から
チャラにすべきなのだああああ!

しかし、恋渦中の和枝ねーちゃまには
もう正常な判断ができまへん。


しかも、京都帝大の安西教授の
部屋で会っているのだから、
教授が詐欺をするわけないし・・

と和枝は思ってしまう・・・


結婚サギに引っかかりやすい人.jpg

この棒読み男、
かなりアクドイではないか!




和枝は株券を悠太郎夫婦に渡します。

「上場したら
ベラボーに値が上がるから、
それで借金返して。

これで正真正銘、
悠太郎が家長や。
これがワテのけじめや」

と、おっしゃる和枝ねーちゃん。

一見、一件落着と思われて
氷でだす玉露の作り方を
和枝に教えてもらうめ似子。


水出し玉露.jpg

夏には風鈴、ヨシズ、匂い袋など・・
涼をとる知恵だという数枝。

匂い袋が擦り切れてたから、
繕っておきましょうかと
め似子が言えば、
和枝は要らないといいます。

なんでもや〜と言って・・・

平穏な時間が過ぎます・・・

が!

安西教授室に見知らぬじいさんが・・

「鍵かけてったはずやけど」

さて爺さんは誰でしょう?



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 第11週大嫌いっていわしたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月09日

第61回NHK朝ドラ「ごちそうさん」あらすじと感想

西門め以子・・・・・・・杏
め似子の夫
悠太郎・・・・・・・東出昌大

悠太郎の義母
(悠太郎の父の後妻・元芸妓)
静(しず)・・・・・宮崎美子

悠太郎のの長姉(出戻り)
和枝・・・・・・・・キムラ緑子

悠太郎の妹
希子(のりこ)・・・高畑充希
竹元・・・・・・・・?
ぬか床・・・・・・・・吉行和子


幼子を亡くし、不幸な結婚の末、
出戻ってきた和枝義姉さま。

和枝義姉さまにも春が来ました。


男ができたのです!

「先生がうちに・・・
挨拶に来はる・・・
家族のみなさんに会いたいって」

和枝義姉さまは
天まで昇る、お喜びよう〜〜ハート(トランプ)

め似子の報告に悠太郎・・

「それは姉さんを
移築していただけるということですか」

建築の仕事をしているだけあります
・・・悠太郎・・・

「お静さんも言ってます。
十中八九、結婚を前提って
ことじゃないかって。

やっと
お義姉さんにきた幸せなんだから、
一致団結してがんばりましょう!」
Byめ似子

翌朝朝食。
絶好調の和枝である。

安西先生にん西門家の
家庭内での様々の
揉め事を話すべきかどうか・・・

「いややわあああ、円満やないの〜」
和枝はんの言葉に
一同唖然である。

男ができるってすごいことなんですね。

枯渇した女性ホルモンが
また出始めるんですね。


では正蔵のことはどうするか・・
いずれ分かることでっせ!

「8年前に山登りに行って、
そのまま帰らん、行方不明と
いうことにしときましょう」

事故なら問題なし!

悠太郎って、心底
父ちゃんが憎いのね(´д`)

さて、京大教授、安西先生が
来られた時、お出しする
お料理のことです。

「め似子はん、
先生に出すお料理
一緒に考えてくれはる?」

和枝から名前を呼ばれるのも、
相談されるのも始めてのめ似子である。

しかも、安西が来る当日は
女衆としてではなく、

嫁として同席しろというお達しに
大張り切りになる単純め似子である。

安西の著書を参考に、
西洋料理はどうかとか、提案するが
ことごとく和枝が却下。

家庭料理ではどうかと提案すると、
和枝はいわしづくしはどうかと
いうのであるが・・・

め似子・・・いわし

大嫌いでしたよね。

th.jpg

いわし料理を回避したいめ似子は
安西の出身地が著書から
長崎であることを発見。

「長崎料理はどうでしょう?」

和枝はめ似子の提案に賛同。
和枝が長崎出身の大将が
やっている店に
一人でさっさと試食に
行っちゃいました。

悠太郎の職場では・・・

上司の藤井はあのお姉さんが!
と驚くが大村は

「物腰も着こなしもしっかりしていて、
きっとええ奥さんになる」
と賄賂でも
受け取っているかの如くの高評価。

め似子は
長崎料理に合う皿を探すため
蔵の中をひっくり回し、

和枝に重箱の隅をつつくような
きびしい料理法を叩き込まれ、
ヘトヘト・・・である・・・。


1005daun.jpg

数日後、うだるような夏の日、
安西がやってきました。

外国帰りの紳士らしく、
ぱりっとスーツを着こなし、
いかにも学者という風情・・

悠太郎、お静、希子、
め似子が同席し、

和枝が水出し玉露をふるまい、
美味しさに、安西は感動した様子・・

今日は女衆ではなく嫁として・・・

と言っていた和枝だけど、
やっぱりめ似子はこき使われ、
机の上は長崎名物が並びます。

「これはなんに料理ですか?」

長崎出身だというのに、
長崎料理を目の前に
どこの料理かと尋ねる・・・


変とちゃう?このおっさん?
経歴詐称?
それとも・・・?


「お里、長崎でしたよね」

和枝に言われると、

「外遊やら東京生活、してたから」

となんかごまかしている感じ・・

悠太郎も変や!と怪訝な様子・・。

それを察知したのか急に
@育ちが貧しくて、こんな
ご馳走を食べたことがないから
知らなかった。

A貧乏人のせがれで、
銀行家の馬番をしていた。

B盗むように金のことを
覚えていった。

C和枝さんはいい家の
お嬢さんだろうと思うと、
言いそびれていた。

と言うのだが、
和枝はなんて安西さんは
正直なのだと、ますます
ヒートアップ!


女性ホルモンで
びちゃびちゃ状態です。


003E.jpg

食べたことがなくても、
故郷の料理くらい、
知っているはず・・・

誰でもが感じる疑念を
悠太郎も持つのだが・・・

「はじめは金目当てかと思ったけど、
このウチ、借金しかないし〜
金目当てってことはないで〜〜」

お静が言うと、一同、
そうやな〜〜という気になったのだが・・

みなさん、和枝はんが、
株で大儲けしたこと、
ご存知、おまへんやろ==!


和枝は大金、
持ってますねんで!


一方和枝は見送りに出たところで、
安西にプロポーズされて、
ポーッとするが・・・

やっぱりこれって


sagi.jpg

詐欺では
ないでないでせうか?


年を重ねた出戻り女・・
かなりの大金を持っている・・・

しかも寂しい人生である・・・

詐欺師にとって、和枝ねえさまは、
こんなふうに見えてるのでは
おまへんか?


ネギカモ.jpg

今後、

結婚詐欺に遭っちゃった.gif

こういう事態が起こると、
詐欺決定ですが・・・

さあああ〜て、
和枝おねえさまの運命はいかに?

今週は特におもろいでんなあ〜〜



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 第11週大嫌いっていわしたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする