ご訪問有難うございます。
「ごちそうさん」終了後は、
「東出昌大くんをまとめてみました」
「東出昌大ファンnet」にて、
東出昌大さんの話題を、

「宇宙人主婦日記」では,
テキトーなことを
テキトーに書いています。

2014年03月31日

朝ドラ「ごちそうさん」期間視聴率 関西地区21・8%、関東地区22・4% 過去10年で最高

29日に放送が終了した
NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の
全150回を通じた平均視聴率が、

関西地区21・8%、
関東地区22・4%で
過去10年で最高だったことが31日、
ビデオリサーチの調べで分かった。

関西での20%超えは平成15年前期
「こころ」の20・3%以来。

悠太郎(東出昌大さん)が復員し、
ヒロインのめ以子(杏さん)と
再会を果たす最終回の平均視聴率は
関西22・3%、
関東21・3%だった。

昨年9月30日放送の初回視聴率が
関西18・2%、
関東22・0%だったが、
舞台が東京から大阪へ移り、
め以子が小姑の和枝
(キムラ緑子さん)の
“いびり”を受けるあたりから
東西とも20〜22%で推移し、
週間ランキングの上位をほぼ独占していた。

杏さんは「終わってすごく悲しいのですが、
DVDを見たりしながら
また思い出に浸れればと思います」。

制作統括の岡本幸江チーフ・プロデューサーは
「皆さんがヒロイン・め以子と一緒に
泣いたり笑ったり怒ったり、
寄り添って見てくださっている手応えを
強く感じることができました」と
コメントを出した。

産経ニュースより

終わってしまって本当に寂しいです。
杏ちゃんも終わってしまって
悲しいなんて本当に
心を込めた作品だったんですね。

スピンオフを楽しみに
待つことにします。



にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月30日

「ごちそうさん」が終わりました。

最終回、悠太郎が帰ってきてくれて
本当によかったです。

ぬか床役の吉行和子さんが
「最終回に悠太郎が帰ってくる」と
話されたことを知り
それをここにも書きましたが、
帰ってくるとわかっていても
最後は涙が出ました。

め以子と悠太郎のふたりいてこそ
「ごちそうさん」なんだと
思いました。

昨年9月30日にスタートした時は
前作の「あまちゃん」が
大好評だったので、
杏さんは
相当なプレッシャーだったそうです。

以下産経新聞より引用です。
続きはこちらから
posted by 宇宙人 at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月23日

『ごちそうさん』過去10年で最高視聴率へ

「ごちそうさん」が最終週を迎えます。

以下産経新聞より引用、抜粋

視聴率は話題先行型で
右肩上がりだった
「あまちゃん」とは対照的に、

開始当初から
関西地区では20%前後、
関東では22〜23%をキープ。

19日の放送終了時点で、
すでに関西、関東とも
全期間平均視聴率が過去10年で
トップが確定している。(豊田昌継)

一度つかんだ視聴者は離さない
「ごちそうさん」は、
東京の洋食店で育った
め以子(杏)が、
大阪・天満出身の
悠太郎(東出昌大)のもとへ嫁ぎ、

大阪ならではの
「始末=倹約」の精神を学びつつ、
食を通じて戦前・戦後の
家族や社会とのつながりを描いた。

東西とも週間ランキングの上位を
ほぼ独占し続けており、

昨年9月30日の放送開始から
昨19日までの平均視聴率は、
関西で21・7%、
関東では22・4%(ビデオリサーチ調べ)。

この時点で、最終回を待たずにすでに
全期間の平均視聴率は、
これまで関西でトップだった
「カーネーション」(19・6%)、
関東の
「梅ちゃん先生」(20・7%)を抜いて、
いずれも
過去10年でトップとなることが確定。

流行語「じぇじぇじぇ」を生み出すなど
話題先行型だった前作
「あまちゃん」のような
派手さはないが、

一度取り込んだファンを
くぎ付けにした格好だ。

「話題性ではなく、
ドラマの中身そのものが
評価・反映された
点で、

NHKはもとより、制作陣にとって
理想的だったのではないだろうか」と
影山貴彦・同志社女子大教授(メディア論)は語る。

●「現代に通じる価値観」描き切った

同番組をめぐっては、
本紙も含めて相次いで人気分析が紹介され、

(1)関東で火がつくように東京編から始めた

(2)大阪お得意の“嫁いびり”がウケた

(3)食べ物がアクセントになった

(4)演技派俳優をそろえた。

(5)「あまちゃん」効果で
   幅広い層に見てもらえた−
   などが挙げられた。

ただ、それらはあくまで
作家・森下佳子さんによる脚本と
NHKスタッフによる演出の一側面だ(5は除く)。

影山氏はそれらを踏まえたうえで、
「家族や社会との関係について、
現代に通じる価値観を描き切れた」ことを最大の要因に挙げる。

「つまり、
教科書にも書物にも出てこない
一般女性・め以子の魅力を
ナチュラルに表現できた。

著名人が主人公でなければ
どうしても
主張やテーマを強調しがちになるが、

例えば、
め以子の闇市摘発の場面(第23週)でも、

戦争反対や女性の権利を
声高に訴えるのではなく、

夫と息子を戦争に取られた
一女性の心情として

『どこまで取ったら気ィ済むねん!』と叫んでいる。

一方でドジはするし、
小姑にもいびられる。

悠太郎不在の時には友人
(源太=和田正人)の助けを借り、
浮気疑惑には嫉妬する。

そんな等身大の姿に、
視聴者は“あるある”と
共感したのではないか」

悠太郎は帰ってくるか? 

最終週を前に、視聴者の間では
「悠太郎は戦地から戻ってくるか?」に注目が集まるが、

影山氏は
「一女性を描くという点では、
め以子が悠太郎からもらった手紙を頼りに
生きることで完結できる。

涙の再会でハッピーエンドを期待するだろうが、
戻ってこなくても
ドラマの面白さは十分に伝わった
」と話している。

最終回は29日放送される。

引用、終わり。

悠太郎が戻ってこなくても
ドラマは確かにおもしろいけれど、
帰ってきてほしい!

帰ってこいよ!







にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

半助、魚島季節、大阪、船場、イケズについて。

うなぎの頭半助.jpg

関東のうなぎの蒲焼は、
背開きで頭を落としてから
タレにつけ焼きます。

関西では腹開き、
頭もタレに付け、
蒲焼にします。

だから頭にも味がしみて
美味しいのです。

その頭とネギと焼き豆腐を
炊いたものが半助です。

が、大阪で今は
これを食べさせる店はないし、
家庭で調理することもありません。

モノが豊富になった時代ですから、
ほうるもん、つまり捨てるもので、
そこまでして、調理することは
ないのだと思います。

この料理を考案したのは、
大阪の鰻の専門店「魚伊」らしく、

また再現しようという
計画があるそうですが、

特に食べたいとは思いません。

魚島季節というのも、
今の大阪で聞いたことがありません。

大阪といっても
大体3つに分かれます


北の北摂地区、大阪市内(昔の船場)
南の泉州河内地区です。

北の北摂は気位が高く、
自分は上流階級だと
勘違いしている人たちが
たくさん住んでいます

大阪市内、船場、西成あたりは
昔はとても賑って栄えた場所です。

西成は西に成るから西成で、
天下茶屋に金持ちの
別荘があったり、非常に
豊かな街でした。

今の西成は
ホームレスの方々が
ダンボールのお家を建てて、
様相がガラリと変わりました。


昔の船場は
朝は冷や飯、お茶漬けで、
夜だけご飯を炊く食生活でした。

私の嫁入り先でも、
夫の両親は亡くなるまで、
朝はお茶漬けでした。

鯛の塩焼きの食べ残りは
おすましにします。

始末の精神なのか、けちなのか、
私にはわかりませんでしたが・・・

南の泉州はカーネーションの
舞台で、北とはガラリと
雰囲気が変わり、
南米のような陽気さ・・・

言い換えれば、恐ろしい
ガラッパチの口調になり、
庶民的になります。

話し言葉も北、中央、南で
全く違います。

大阪弁と一括りにできない、
違いがあります。

船場のイケズは
京都のイケズに負けないほど、
非常に陰険、陰湿です。

新婚のとき、ご近所に
挨拶回りというものがあります。

実家からの贈りものと
言うておくれやっしゃ、

絶対ワテが用意したと
言わんといておくれやっしゃ・・

言われたとおり、これは実家からの
贈りものでございます・・・

と粗品を配って回ったら、

「あんた、これ、
お姑さんが用意したんでしょ?
言うてはったで」

と、言われた
経験のあるものとしては、

和枝さんの魚島季節の
いじわるはありえることと
思います。

結婚してまず最初1年の
イケズ攻撃は猛烈です。

ズルいイケズです。

京都、奈良の因習、イケズも
かなりのもと聞いております。

先日のスタジオパークの
キムラ緑子さんは、

ピンクに総絞りのお着物で
ご出演でした。

嫁入りの時、
お母様に持たせてもらった
大切なお着物だそうです。

それでは、和枝おねえさまの
動画をご覧下さい。

ではまた明日・・・・





にほんブログ村

朝ドラ ブログランキングへ
スポーサードリンク


posted by 宇宙人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 四方山話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする